eifuku-logo-04.png

トップ > ごあいさつ

nikkan-rumoi1.jpg平成2年8月27日に三代目襲名して20周年が経ちました。
20年もの間、多くのお客様にお世話になり、ここまで来ることが出来ました。
皆様にお礼と感謝の気持ちでいっぱいです。今後とも栄福鮨をよろしくお願いいたします。


 いらっしゃいませ。
 栄福鮨は昭和33年に創業し、羽幌町の鮨店では1番古い歴史を持つ店で、現在は3代目の女将が腕を振るいます。
 日本海の新鮮なネタは勿論、各地より取り寄せたネタで羽幌町内や近隣のお客様に愛されている店です。
地方からお越しの皆様も安心して御来店ください。

古い歴史と新しい味

 女将のキップの良さと繊細な握りで、羽幌の浜の味とローカルでアットホームな雰囲気をお楽しみください。
御来店を心からお待ち致して居ります。

店主 横井 まさ子

DSCF0239.JPG

bars.png

sakura2012-03.jpg

佐々江駐米大使と

sakura2012-02.jpg

桜女王とお友達

sakura2012-04.jpg

鮨握りが終わり。パーティー会場で石原都知事と

sakura2012-05.jpg

エンパイヤ―

sakura2012-01.jpg

200年前から続いたアメリカ桜祭りでの寿しボランティアは100年祭で終わりました。
世界の沢山の人たちと寿しを通じての出会いは、私の人生でかけがえのないものです

sakura2012-06.jpg

NY 自由の女神

bars.png

sakura2007-1.jpg

 2007年のCherry Blossom Queen
(さくらの花女王)と一緒に写真を撮り
ました。毎年代わるCherry Blossom
Queenの皆さんですが、とても素敵な
方ばかりです。

sakura2007-2.jpg

 フィラデルフィアで毎年昼食を取る
お店のスタッフで、とても美人で、
スタイルも良く愛想が良く皆の人気者
です。

sakura2007-3.jpg

 現地でお客様と一緒に写真を撮って頂き
ました。皆さん本当に喜んでくださりました。お客様の笑顔に、私も思わずニッコリ
してしまいました。

sakura2007-4.jpg

 フィラデルフィアで頑張っている日本
企業の皆様で今回2ステージ目の私の
お客様でした。

sakura2006-3.jpg

 ワシントンにて。今年もワシントンの
日本大使館に表敬訪問で加藤駐米大使と
お会いしました。毎年快く私達を向かえ
てくださります。

sakura2007-7.jpg

 一緒に行ったメンバーです。全国各地から
集まった職人達でが、女性は私一人でした。

bars.png

sakura2006-1.jpg

 2006年のCherry Blossom Queen
(さくらの花女王)と一緒に写真を撮りま
した。毎年素敵な女王様が私達を迎えて
くれます。一緒に写っているのは、東京
の大寿司さん
です。

sakura2006-7.jpg

 各州(日本で言えば都道府県)の女王
達と一緒に・・・。彼女たちのお陰で、
会場がぐっと華やかになりました。皆さ
ん笑顔がとっても素敵でしたよ。

sakura2006-2.jpg

 フィラデルフィアにて。お客様と一緒に
写真を撮りました。お客様とのふれあいも
このイベントの大きな収穫です。

sakura2006-5.jpg

 ワシントンにて。現地のスタッフと
一緒に仕込みをしました。言葉だけで
なく、身振り手振りで・・・でもさす
がに職人ですね。

sakura2006-6.jpg

 ワシントンにて。パーティでの様子で
す。ドレスアップしたゲスト(お客様)
が大勢いらっしゃりました。皆さん笑顔
で、美味しそうに召し上がって頂きまし
た。

sakura2006-4.jpg

 今回、共に日本からアメリカに渡ったス
タッフです。全国各地から集まった、まさ
しく寿司のプロ集団に、ご一緒させていた
だきました。皆さんとても素敵な仲間です。

bars.png

cherry3.jpg

ワシントンにて。ガラパーティの会場に

素敵な子供達に出会いました。
可愛いお友達も出来ました。

cherry2.jpg

 フィラデルフィアにて。手に持って
いるパンフレットにも紹介されました。
両脇にいる二人は、今回のイベントの
総合プロデューサーです。
笑顔が素敵な紳士でした。

okami1.jpg

 ワシントンDC会場においでくださった、
加藤駐米大使ご夫婦です。

okami3.jpg

 フィアデルフィアでは、お客様との対
面握りでした。お食事が終わりお客様に
誘われ、一緒に写真を撮りました。
とってもフレンドリーで、お鮨を堪能さ
れていました。

okami2.jpg

 フィアデルフィアでもおこなわれます。
期間中は市内に『桜』の文字が飾られま
す。女将も参加し、アメリカの皆さんに本
物の鮨を提供しています。

bars.png

sakura2004-02.jpg

消防署の仕事で犠牲になった
人達の為に寿しを握り
義援金を送りました

sakura2004-03.jpg

50州の桜の女王

sakura2004-01.jpg

アメリカの友達と
1年ぶりの再会

bars.png

sakura2002-01.jpg

3代目大統領トーマス・ジェファーソン
メモリアルセンターと桜

sakura2002-02.jpg

アーリントン墓地にある
ケネディ大統領の墓

sakura2002-04.jpg

船の奥にテロにより崩壊された
貿易センター(ツインタワー)の
あった場所

sakura2002-03.jpg

大使館に表敬訪問

sakura2002-05.jpg

2002年の様子

bars.png

sakura2000-02.jpg

桜の女王と友達

sakura2000-01.jpg

 フィラデルフィアにて
1人で対面で各10名のお客様に握る

sakura2000-04.jpg

国会でのレセプションに初めて行き
柳井大使ご夫婦と

sakura2000-03.jpg

国会議事堂の裏
 景色が良いので、皆さんこちらから写真を撮る
新大統領就任あいさつもこちらから行います

sakura2000-05.jpg

 ニューヨーク
 ロックフェラービル前のスケートリンク

sakura2000-06.jpg

ニューヨーク・マンハッタン
ワールドトレードセンタービルが見えます

bars.png

ポトマック河畔の桜は、もとは明治時代に日本から贈られたものである。
 そのキッカケを作ったのが、記者で作家のアメリカ人女性、エリザ・R・シドモアだ。日本で桜の美しさに魅せられたエリザは「アメリカの人々にも桜の美しさを伝えたい」と思いたち、友人だった当時の大統領夫人ヘレン・タフトに、日本の桜をポトマック河畔へ植樹するよう話しを持ちかけた。
 それを知った東京市長は、日米友好の願いを込めて、1909年(明治42年)に桜の苗木3,000本をワシントンD.C.に寄贈。しかし残念ながらその苗木に害虫が見つかり、すべて消却処分となってしまった。
 それでもなんとかして苗木を贈りたいと思った日本側は、害虫が寄生する心配の少ない苗木を育てるためのプロジェクトチームを発足。そうして約3年後の1912年(明治45年)、日本の桜の苗木は無事に海を越え、ワシントンD.C.へと届けられたのだ。

bars.png

img002-02.jpg
平成2年に先代から引き継いだ3代目。
やっと1年が過ぎたときです。

bars.png